インターネット回線 全般 モバイルデータ通信

アナタは答えられる!?「インターネットをするためのデータ端末」の適正価格は ズバリ〇〇円だと思う

sync

アナタは答えられる!?「インターネットをするためのデータ端末」の適正価格は ズバリ〇〇円だと思う

どうも こんにちは! 源です

源さんアイコン

「インターネット用のデータ端末って、相場いくらだろう?」

って聞いて回ったら、意外と答えられないヒトが多かったので、源なりの答えを書いてみます。

値段は 有って無いようなもの! 謎すぎる『データ端末』

データ通信の料金比較は、いつの時代も難しいですけど・・

その原因の1つにあげられるのが、「インターネットをするための端末」である 「データ端末」の謎 価格です。

ここでは、携帯キャリア・格安simなどの「データプランに加入したスマホ」、PocketWiFi・WiMAXなどの「モバイルデータ端末」、光回線の「ONU・ホームゲートウェイ」など、インターネットをするための端末を すべて「データ端末」定めています。

インターネットをするための『付属的な費用』のうち、そのほかの「契約手数料」「オプション加入料」とかは、どこも大差ないんです。似たような金額を払うべくして払うので「まあ、しょうがないね」で済むんですよ。でもね、

データ端末は違います!

利用者はインターネット(データ通信)をしたいだけなのにもかかわらず、そのために「データ端末」を用意する必要があります。

そして、この「データ端末」の価格差が ありすぎるんです。

光回線 1000Mbps(戸建て) のように実質0円になるものから、別途10万円で購入しなければならないモノまであって、もうパニックなんです・・笑

鈴木ヒロト
鈴木ヒロト

そうだ、そうだー!

0円~10万円とか、価格が 謎すぎるゾ~

源さん

そうそう、ヒロトくんは ネットがしたいだけ だったのに、データ通信サービスを選んでるうちに探すのがイヤになっちゃったんだよね

「モバイルデータ端末」とか「スマホ」は とくに判断が難しいもん・・

10万円と聞いて、パッと思い浮かべるのは「あのスマホ」でしょうけど、源は高額なスマホ購入を悪いと言いたいのではありません。「携帯電話」機能は もちろん、「カメラ」機能だって高性能です。

「コミュニケーション」に重宝しますし、「メモ」「時計」「GPS」「ワンセグ」「おサイフケータイ」などのツールとしても優秀なうえに、さらに「インターネット」を利用できるスマホは、値段が高くても購入する価値が ヒトそれぞれに「ある」でしょう。

源が一番の問題と感じているのは、

10万円のスマホの一体いくらが「インターネット」用 端末としての価値 (適正な価格) なのか分かりにくい点 なんです。

「インターネットをするためのデータ端末」代金の基準(相場)というものが、世の中には まだ浸透してないのでしょうね。

源さん

ねえねえ、パパちゃん

去年まで「モバイルデータ通信サービス」利用してたでしょ。あの端末自体の価値って いくらだと思う?

鈴木パパ
鈴木パパ

そりゃあ・・端末代として2年間 分割で38,000円も支払ったんだから、38,000円の価値だろうよ。

実際ちゃんと2年使えたしさ、文句はないよ

みんな こんな感じ。。

きっと多くのヒトがパパちゃんと同じく答えるでしょう。だって「データ端末代金の基準(相場)」が共通認識として無いから。

源が考える『データ端末』の適正価格は ズバリ!!

でも、源は とてもモヤモヤするので、いろいろと怒られそうなのを覚悟で

源さん

『源の勝手な基準(相場)』を発表しちゃいます!!

ココから先は源の勝手な分析であり、まったくもって公式発表ではありませんので、くれぐれも参考程度に読みすすめてください。

源が考える「インターネットをするためのデータ端末」代金の価値は、

ズバリ!! 10,000円

ホントは5,000円と言い切りたいんですけど、相当 控えめにしました。スマホ・モバイルデータ通信・固定回線の3つについて、源の根拠としているモデルケースをそれぞれ書いてみますね。

鈴木パパ
鈴木パパ

ちょっと待ってくれよ、源さん。。

それ言っちゃ おしめーだぁーよー(TT)、パパは38,000円も支払っちゃってんだよ。どうしてくれんの・・この気持ち

い、1万円の価値しかないとかさぁ・・

源さん

それじゃあ パパちゃん

その端末は今どこにあるの? 何かに二次利用してた?

鈴木パパ
鈴木パパ

いや、丈夫だから ぜんぜん壊れちゃいないけどね、

使い道が他にないもんだからさ、記念に飾ってあるよ!

源さん

そうそう、

「記念に飾る」とかね~

looks_one
スマホで「インターネットをするためのデータ端末」が 1万円の価値である根拠 (源の分析)

スマホ 1万円の価値である根拠

スマホは今現在 世の中にすっかり定着しています。性能が高いスマホもドンドン市場に投入され続けているため、実はもうスマホは余っていると源は考えています。

スマホを総合的にみれば、より良い機能を求められるのも わかりますけど、「インターネットをするためのデータ端末」と限定した場合には、もう十分に足りてます。

実効速度で5Mbpsも出ていれば さほど不便しませんし、間違いのないところで実効速度10Mbpsあれば、通常はストレスなく使えます。

実効速度については、下の記事で実験しています

でですね、

この5Mbpsとか10Mbpsの速度が出ないスマホって、逆に なかなか存在してないですよ・・^^。過去3年くらい前までに発売したスマホなら、もう出て当たりまえです 5Mbpsって。

3年前ってことは、日本人の買い替えサイクル的(2年間)にも、1世代前か2世代前のスマホになっちゃってるハズなんです。

もう 持ってるんですよ、周りの誰かは「何らかのお古」をね。だから、

源さん

知り合いに「古いスマホちょうだい!」って言って回れば、くれるヒトあらわれるかもね・・笑

それは冗談としても「5,000円くらいで売ってくんない?」と言って回れば70%の確率で買えるかと。

さらには「10,000円くらいで売ってくんない?」と言って回れば 90%の確率で買えるでしょ。

鈴木ママ
鈴木ママ

あら 源さん、

どうして そんなこと言い切れるわけ?

わたしの古いスマホは、パパのお古(モバイルデータ端末)と一緒に飾ってるんだから売らないわよ。記念って大事なのよ~♪

源さん

んー、ママちゃんのケチ・・

でもね、10,000円程度で売ってくれるのには、ちゃんと理由もあるんだよ。実は 中古市場の買い取り価格が大体そのくらいってことなの

5,000円くらいまでなら、源は「無保証でもいいから壊れるまで使う」ってので割り切って買えますけど、もし「保証」が気になって仕方ないヒトは 素直に「中古品」をお店で買うでもいいでしょう。

繰り返しますけど、「インターネットをするためだけのデータ端末」ですから、格安simを挿入して そこから1年~2年は実用に耐えるハズです。注意するべきはバッテリーの持ちのみでしょう。

参考までに、源のzenfone5は3年くらい前に発売されたモノですけど、

3年くらい前のZenFone5

今でも50Mbps以上 出てます。

何の問題もなく50Mbps出ます

楽天市場の中古品を確認しても1万円切ってるのが見つかります。

でも・・使ってる源が言うのもなんですけど、2017年8月時点では個人的に5,000円切るくらいじゃないと買わないです。

それならば、源はzenfone2 laserも使っていて その違い(良さ)を知っているため、

当時かなり売れたZenFone2 Laser

こちらに5~8,000円支払う価値があります。新品でも12,000円で買えたりしますし、中古なら今後1万円切ることは普通になるでしょう。

zenfone2 laserのメリットは、バッテリーを交換しやすい仕様で 互換バッテリーも それなりに使えることです。3,000円でスペアのバッテリーを回して使っていけば、ここから1年~2年は性能的にも まったく問題なしです。

また、microSDカードを挿入することで気軽にストレージを増設できることも拡張性◎です。

32GB増設で、通常利用に不便なし

さらに、当時「売れた」端末なので ネット上に情報が多いってのもポイント高いですね。

鈴木ママ
鈴木ママ

源さん、スマホ屋さんみたい

自分だって、そんなに お古のスマホをため込んでるんじゃな~い。ウケルー

源さん

ホントだね・・つい しゃべりすぎちゃった。。

ということで、スマホで「インターネットをするためのデータ端末」が 1万円の価値である根拠 (源の分析)でした

10万円のスマホを買うときに「インターネット」分の価値を1万円と計算できれば、そのほかが9万円とわかるので便利でしょ!

ってことを言いたかった源なのでした。個人的には「3万円の格安スマホ」と「10万円のスマホ」に価格ほどの差は見出せませんけど。

looks_two
モバイルデータ通信で「インターネットをするためのデータ端末」が 1万円の価値である根拠 (源の分析)

モバイルデータ端末 1万円の価値である根拠

これは源の経験談から言うと、1万円でも高いと感じます。

作ってるメーカーさんは気分がよくないかもしれないですけど、実際、利用者としては5,000円でさえも出したくないんです。

理由は簡単。これまで一度も支払ったことがないんですよ、モバイルデータ端末代金を。

源さん

慣れって、コワいよね・・

モバイルデータ端末って無料だと思ってるよぉー …言っちゃったワーイ

鈴木パパ
鈴木パパ

源さ~ん・・いま 聞こえちゃった・・

ハァ? 0円だと思ってるって

源は5~6年前からWiMAXを3回続けて利用しています。

とくとくBB、とくとくBB、現在はビックローブWiMAXです。実はこの3回の紆余曲折だけでも記事が5個は書けるんですけど(笑)、それは別の機会にするとしまして、

3つのプロバイダをみて、わかるヒトはわかるでしょうけど、端末代金はそもそも0円だったんです。それを5年以上続けてきたらねぇ、誰だって慣れますよ。

源の私情は置いておくとしても、

少なくとも6年間ずっと「モバイルデータ端末」無料でサービス提供してるんです、WiMAX系の代理店は。これは もはやキャンペーンなどというものではなく通常料金なんです。0円がね。

源さん

また書いちゃったー

WiMAX以外から目の敵にされそうだよ~ん

でも、ほかのサービスをどうこう言ってはいないからね

鈴木パパ
鈴木パパ

源さ~ん・・どうして38,000円支払う前にさぁ・・あの2年前の契約の前にさぁ・・

根にもつよ・・ほんとに

パパちゃんに返す言葉が見つからないのでスルーしまして、、

モバイルデータ通信で「インターネットをするためのデータ端末」が 1万円の価値である根拠 (源の分析)は、以上のとおり 6年間の「経験則から1万円もしない」ってことでした。

付け加えますと、WiMAXを使い続けてきて 後付けで思ったことがありまして、それは 実感として「この程度の機能なんだし、、1万円とかするわけないよね」と思ってた節があるにはあるんです。

だって電波を無線で飛ばすことしか役割ないんですよ、モバイルデータ端末って。

基本的に・・来る日も来る日も ただ電波を飛ばし続けるだけ・・

それ以外に何の機能もない。上で書いた お古のzenfone5を「インターネットするためのデータ端末」として使うってのと、、やってること一緒でしょ。

つまり、単機能な端末なんです。

だから素人考えですけど、高性能なスマホなどと比較して「こんな端末なら1万円出したくないなぁ」と思えちゃうわけですよ。

ということで、源個人としては 使用経験が多いために とても当たりまえと思っていたんですけど、パパちゃんのように 3万円~5万円支払って端末購入するヒトもいるようなので、書いてみました。

looks_3
固定回線で「インターネットをするためのデータ端末」が 1万円の価値である根拠 (源の分析)

固定回線 1万円の価値である根拠

これも源の経験談から言うと、1万円でも高いと感じます。

作ってるメーカーさんも自覚してると思いますけど、実際、利用者としては5,000円でさえも出したくないです。

理由は簡単。

やはり、これまで一度も支払ったことがないからです、固定回線のモデムやルーター、ホームゲートウェイ代金を。現在は「so-netのauひかり」ですけど、端末代金なんて項目すら ありません

無線を飛ばす親機・子機レンタルなどは月500円ほどであるんですけど、データ端末本体は「月額料金に込みが当然でしょ」くらいの認識でした。

固定回線は歴史も古く「データ端末を購入する」必要がないことは知られてるでしょうから、説明もいらないでしょう (無線機の購入orレンタル は知らないと結構 損得差がでますけど)。

ということで、

固定回線で「インターネットをするためのデータ端末」が 1万円の価値である根拠 (源の分析)は、以上のとおり 6年間の「経験則から1万円もしない、というか ほとんど無料に近い」ってことでした。

以上、「スマホ」「モバイルデータ通信」「固定回線」で「インターネットをするためのデータ端末」が 1万円の価値である根拠 (源の分析)でした。

源さん

源の勝手な基準(相場)でしたけど、

「インターネットをするためのデータ端末」代金はおよそ1万円以内の価値と知っていれば、きっとサービス選びがスムーズになりますよ!

【参考ページ】

源さんアイコン

またね~

-インターネット回線 全般, モバイルデータ通信
-

おすすめのインターネット回線【2018年9月版】
源アイコン

インターネット回線の契約に迷ったら…

2018年9月は 下のサービスがオススメ!

矢印 下向き

スマホ 月額 1,500円~

ポケットWiFi・モバイルデータ通信 月額 3,500円~

インターネット固定回線 月額 5,000円~

ほかにもオススメできるサービスはありますが、実際に源が利用したり 比較してみたかぎり、

2018年9月時点

コレ使っておけば、ハズさない!

と心から思えるサービスをあげてみました。

これらを「一人暮らし」「二人暮らし」「三人暮らし」用にうまく組み合わせて利用したり、ローテーションさせることで、ビックリするほど快適に使えて 節約できちゃいます

各サービスの詳細は順次書いていきますネ ^^

源アイコン

「節約の基本形も読んでみて~」

矢印 下向き

スマホ・ネット料金節約の基本形

【一人暮らし 必読】 今どきの 電話料金 (スマホ) + インターネット料金 (自宅 含む) は意外と安い! おすすめ節約プランは「月額5千円~」

一人暮らし↑は 月額5千円~

※在宅率 低い【二人暮らし 必読】 今どきの 電話料金 (スマホ) + インターネット料金 (自宅 含む) は意外と安い! おすすめ節約プランは「月額8千円~」

二人暮らし↑は 月額8千円~

【三人暮らし 必読】 今どきの 電話料金 (スマホ) + インターネット料金 (自宅 含む) は意外と安い! おすすめ節約プランは「月額1万円~」

三人暮らし↑は 月額1万円~

Copyright© 朝昼夜ネット , 2018 AllRights Reserved.