enひかり

enひかりの契約後にガッカリしないための7項目。評判・速度・料金、キャッシュバックにも惑わされない賢い申し込み!

sync

【必読】 enひかりの契約後にガッカリしないための7項目。評判・速度・料金、キャッシュバックにも惑わされない賢い申し込み!

工事費半額 キャンペーン先着900名! (3/31まで)

矢印 下向き

工事費半額 キャンペーン先着900名! (3/31まで)

さらに、

無線LANルーター プレゼント先着1,000名! (3/31まで)

無線LANルーター プレゼント先着1,000名! (3/31まで)

どうも こんにちは! 源です

源アイコン

enひかりは、源が「2019年にオススメしたい光回線10選」に入ってます。これから紹介する7項目を全クリアするヒトは、きっと大満足なネット環境になりますよ!

enひかり最低利用期間 なし!

enひかり

逆に、この7項目を見落としたままで契約してしまうと、ガッカリしながらenひかりを利用し続けることになるでしょう。

全国すべてのヒトを満足させるネット回線存在しませんから、「enひかり」が自分にマッチするかどうか、ぜひチェックリストとしてご活用ください!

ネット回線を比較・分析した 源の個人的な評価です

「enひかり」で ガッカリしないための7項目

鈴木パパ
鈴木パパ

DIY (自分でやる) とか 下位チームとか

関係あるのか~い 笑

源アイコン

もちろんだよ!

7項目をくわしくチェック してみてネ

自宅のネット回線は、1年に何度も変更できるサービスではありません。

ヒトによっては、10年~の長期利用もあり得る重要な決定事項です (月5,000円×10年60万円の商品購入同程度)。

開通工事や電話番号などの問題もありますから、最低2年以上のサイクルで良し悪しを判断しないといけないサービスなんです。だからこそ、

「契約後のガッカリ」を未然に防ぐ

のが、とにかく大事!!

それでは、くわしくチェックしていきしょう!

enひかりの基本情報【まとめ】

2019年1月時点 (税抜)

回線 種類 光コラボ (NTT フレッツ光)
利用料金 4,300円 (戸建て)
3,300円 (マンション)
契約・最低利用期間 なし
事務手数料 転用: 2,000円
新規: 3,000円
工事費用 2,000円~15,000円
撤去費用 撤去は任意 (必要なら8,000円)
支払い方法 クレジットカード・口座振替
セキュリティソフト なし (自分で用意) ×
無線LANルーター レンタル月300円 or 自分で用意 ×
IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6 V6プラス・DS-Lite 月180円
ひかり電話 月700円~ (機器レンタル料込み) ×
固定IP 1個700円 (IPv4固定・IPv6半固定)
勝手に割り UQモバイル利用で 月100円引き
モバイルWiFiレンタル 4泊5日1,850円~ (WiMAX+auLTEコース)

enひかり

他の光回線と「速度・料金」比較

他の光回線と「速度・料金」比較

前提の話ですが、

NTTのフレッツ光を利用したenひかり、ドコモ光などのいわゆる「光コラボレーション」は、すべて同じNTT回線を利用しています。

フレッツ光 = 光コラボ (enひかり・ドコモ光など)

そして、ここ数年 フレッツ光・光コラボは 共に混雑して実測速度が出なくなった (夜間などは3Mbps以下) ために、利用者の不満が爆発していました。

そこで、2019年時点ではプロバイダの混雑を回避する「V6プラス・DS-Lite・IPv6高速ハイブリッド」などを標準装備して対策するのが主流となっています。

【例 V6プラス】

JPNE・V6プラス

現状、これらの対策がなされていない光コラボは「消し」ですね ^^;

この対策後には悪い口コミが目に見えて減ったので、割と効果が出ている様子。古い口コミには対策前の悪い評判が残ってますので、区別して見分ける必要があります。

なお、ダークファイバー・GPON (じーぽん) 技術を利用しているNURO光、既にIPv6対応しているauひかり、独自回線の電力系光回線 (ピカラ光、eo光) などは、フレッツ光・光コラボ回線とは別なので、影響を受けることはありません。

enひかりと他の光回線の「速度」比較

2019年1月時点

光回線 種類 IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6 速度 (理論値)
enひかり フレッツ光 V6プラス・DS-Lite 1Gbps
ドコモ光 フレッツ光 V6プラス 1Gbps
auひかり 独自・ダークファイバー IPv4/IPv6デュアルスタック 1Gbps
SoftBank 光 フレッツ光 IPv6高速ハイブリッド 1Gbps
NURO光 ダークファイバー -- 2Gbps
ぷらら光 フレッツ光 ぷららV6エクスプレス 1Gbps
excite MEC光 フレッツ光 DS-Lite 1Gbps
DTI光 フレッツ光 V6プラス 1Gbps
ピカラ 独自 -- 1Gbps

上の表では、enひかりを含めて全ての光コラボで「IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6」対応されてますから安心です。

ちなみに、回線速度は一般的なネット利用において、実測速度でダウンロード30Mbps/アップロード30Mbpsも出ていれば全く不便しません。おそらく向こう3年はこの基準で問題ないでしょう。

源アイコン

体感的には

15Mbpsくらい でも 問題なしヨ!

人気のWiMAX2+は 15Mbps~25Mbpsの実測速度になることが多いです。

enひかり

enひかり 基本情報 【公式】

enひかりと他の光回線の「料金」比較

2019年1月時点 (税抜)

事務手数料
※転用/新規
初期工事費 契約期間 (違約金)
enひかり 転:2,000円
新:3,000円
2,000円~15,000円 なし (0円)
ドコモ光 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~18,000円
※実質無料あり
2年 (~13,000円)
auひかり 3,000円 37,500円
※実質無料あり
2~3年 (~15,000円)
nuro光 3,000円 40,000円
※実質無料あり
2年 (9,500円)
SoftBank 光 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~24,000円
※実質無料あり
2年 (9,500円)
ぷらら光① 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~18,000円 なし (0円)
ぷらら光② 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~18,000円
※実質無料あり
3年 (35,000円)
excite MEC光 転:4,000円
新:5,000円
2,000円~18,000円 なし (0円)
DTI光① 転:1,800円
新:800円
2,000円~18,000円 なし (0円)
DTI光② 転:1,800円
新:800円
2,000円~18,000円
※7か月後キャッシュバック
なし (0円)
ピカラ 0円 ~25,000円
※実質無料あり
~5年 (~35,000円)
鈴木パパ
鈴木パパ

・・うーん…

むずかしい比較だなぁ

2019年1月時点 (税抜)

戸建て マンション
enひかり 4,480円 3,480円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円~4,900円 3,800円 (マンションV)
nuro光 4,743円 1,900円~2,500円
SoftBank 光 5,200円 3,800円
ぷらら光 4,800円 3,600円
excite MEC光 4,500円 3,500円
DTI光 4,800円 3,600円
ピカラ 4,500円~4,200円 3,400円~3,280円

1つ前の「速度」比較でも触れたとおり、現在の光コラボでは「IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6」が標準装備レベルに重要ですので、enひかりでは「V6プラス・月180円」を追加した金額で比較しています。

「V6プラス」を追加したうえでも、戸建て4,480円 マンション3,480円 は最安級に安いです。3年~5年と長く利用していく前提で検討すると、かなりオススメできるサービスと言えますね。

ただし、

初期工事費 (最大15,000円) の実費があるので、2年以内の短期利用だとキャッシュバックキャンペーンを展開する大手サービスと「2年総額で変わらない」ってことになるのがネッですね。くわしくはデメリットで触れます。

enひかりのデメリット

源が考える「enひかり」のデメリットです。

メリットは「公式サイト」やプレスリリースでたくさん紹介されますから、源はあえデメリット多めにリストアップしています!

源アイコン

そもそも enひかりは源のおすすめ10選だから、

いいサービスであること確か ^^

かなり厳しめにデメリットを抽出しているので、コレをしっかり読まれたあなたは きっと契約後のガッカリが減ることでしょう。

初期工事費用 (最大15,000円) 実費負担! ×××××

初期工事費用 (最大15,000円) 実費負担!

2019年1月時点 (税抜)

工事内容 工事費
訪問工事 あり 屋内配線新設 あり 15,000円
訪問工事 あり 屋内配線新設 なし 7,600円
無派遣工事 2,000円

源アイコン

「enひかり」最大のデメリットは、最大15,000円の工事費先払いですね。

2つの理由で、工事費先払いはユーザーに不利です。

月額利用料をギリギリまで下げて、さらに2年シバリをしてない以上、工事費を取らないわけにはいかないんですが、、いや、むしろ取って当たりまえなんですけど・・

基本的にヒトは、

先払いがイヤ! ^^;

さらに、、

2年以上使わないと工事費分をペイしない。。

くわしくは次で ↓

2年以内の短期利用だと最安級の料金が台無しに…… ×××××

最大15,000円の工事費を先払いしたうえで、最安級の月額利用料~4,300円の効果を発揮させるには、、最低2年~3年以上利用する必要があります。

間違いなく3年目からはドンドンオトになっていきますけど…

そこまで ガマンできますか? って話です ^^;

ちょっと矛盾した仕組みに感じますが、2年シバリが「無い」けれども…2年以上使わないとオトクにならないです。。

源アイコン

シバリも違約金もないから

「気楽」なのは間違いない けどネ

2019年1月30日 追記:

工事費半額 キャンペーン先着900名! (3/31まで)

工事費半額 キャンペーン先着900名! (3/31まで)

さらに、

無線LANルーター プレゼント先着1,000名! (3/31まで)

無線LANルーター プレゼント先着1,000名! (3/31まで)

あらためて、比較表を確認してみますと、

矢印 下向き

2019年1月時点 (税抜)

事務手数料
※転用/新規
初期工事費 契約期間 (違約金)
ドコモ光 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~18,000円
※実質無料あり
2年 (~13,000円)
auひかり 3,000円 37,500円
※実質無料あり
2~3年 (~15,000円)
nuro光 3,000円 40,000円
※実質無料あり
2年 (9,500円)
SoftBank 光 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~24,000円
※実質無料あり
2年 (9,500円)
ぷらら光① 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~18,000円 なし (0円)
ぷらら光② 転:3,000円
新:3,000円
2,000円~18,000円
※実質無料あり
3年 (35,000円)
excite MEC光 転:4,000円
新:5,000円
2,000円~18,000円 なし (0円)
DTI光① 転:1,800円
新:800円
2,000円~18,000円 なし (0円)
DTI光② 転:1,800円
新:800円
2,000円~18,000円
※7か月後キャッシュバック
なし (0円)
ピカラ 0円 ~25,000円
※実質無料あり
~5年 (~35,000円)

多くのサービスで工事費を実質無料にしています。

enひかりは、だからこその逆張りポジションなんですが、やっぱり工事費無料サービスが多い理由は、その方が契約数が上がるからですよね ^^;

つまり、ユーザーが それを望んでる。

そういうことです…

比較表で着目してほしいのが、「ぷらら光」と「DTI光」です。

enひかりと同じポジションをとっている「ぷらら光①」と「DTI光①」が、「ぷらら光②」「DTI光②」も同時に展開しています。

とくに「DTI光②」の中間的なプラン (1年程度のシバリ) が絶妙なバランスになってます。コレを採用してくれたら「enひかり」も弱点無しかも? ^^

ひかり電話 (月額700円~)他の光回線と比較して高い ×××

enひかりは、シンプルがゆえに何かを足さないと完成しない仕組みになっています。

パソコンのカスタマイズや、ラーメンのトッピングみたいなものです。

数あるオプションのなかで、比較的 利用されるであろう「ひかり電話」ですが、enひかりはオススメできません

理由は単純で、

月額700円~は高いから

他では500円が通常ですので、200円が余分に上乗せされます。

ズバリ、

ひかり電話が必須であれば、他サービスにしたほうがイイでしょう!

自分で設定できないと不利 (カスタマイズ性のマイナス面) ×××

enひかりはシンプルがゆえに何かを足さないと完成しない仕組み

無料サポートもありませんし、2019年現在、標準装備レベルの「IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6」も基本、自分で作業することになります。

「無線LANルーター」を300円でレンタルすることもできますが、5,000円くらいでAmazonでも売ってますので、これを自分で設定するくらいのDIY根性 (笑) がないと、最安級の月額料金が最安でなくなっちゃいます。。

関東・関西・中部・四国地方には「強力な競合サービス」がある ××

ココは「enひかり」のデメリットでも何でもないのですが、

コレに触れないと源がウソつきってことになりますし、実際、業界的には常識です。

基本的な話です…

お住まいの地域が限定されますが、

NURO光の戸建て4,743円と、関東地区のauひかり加入できるヒトは、先にそちらを検討するべきです。

enひかりがどうこうではなく、圧倒的にコスパがいいのが この2つです。

次に、四国で3年以上利用するヒトは、enひかりよりも先に「ピカラ」を検討してみてください。

源アイコン

そのほかのヒトについては、本当に「enひかり」を検討する価値がありますよ!

運営元の規模が小さくて不安 ××

enひかりを運営している「株式会社 縁人」は 15人規模の小さい会社です。

ココはもう、価値観の問題ですので

リーグ戦は「下位チームを応援する」タイプ

のヒトは試してみればいいのかなと ^^

悪い口コミもありませんし、そもそも工事費を支払ってしまえば 「月額課金」以上のリスクも考えにくいです。違約金も0円ですから、何かあったら他に移動するだけ。

少数精鋭でガンバっているからこそ、低料金で提供できてるとも言えますので。源はワリと下位チームを応援タイプなんです 笑

また、口コミをひととおり見たかぎり、

源アイコン

とても アットホームで

誠実な印象を受ける のよね~

enひかりのメリット

ここからは、源が考える「enひかり」のメリットをあげていきます。

最低利用期間がない。もちろん違約金もなし! ★★★★★

最低利用期間がない。もちろん違約金もなし!

3年以上しっかり利用していくなら、

本当にオトクです

①「ひかり電話」を使わずに、②「無線LANルーター」を自分で購入・設定。③「V6プラス」の180円を付けて、月額4,480円だけ支払い続ける流れを構築できれば、かなりコスパのいいネット環境と言えます!

さらに、初期工事費が2,000円~7,600円済むヒトはもう、リスクも限定的でスッキリお得でしょう。

月額利用料が最安級に安い! ★★★★

月額利用料が最安級に安い!

実際には、「V6プラス」の180円を付けないと他の光回線と対等じゃないので追加。

矢印 下向き

2019年1月時点 (税抜)

戸建て マンション
enひかり 4,480円 3,480円

3年まえの記事で現在は変わってるでしょうけど、光回線部分の卸料金が戸建て向け 月3500円、集合住宅向け 月2500円」であることからも、enひかりは十分すぎる低料金だとわかります。

適正な料金範囲に収まっていなければ、維持できずに品質が下がります。

鈴木パパ
鈴木パパ

ひと月に800円程度しか利益ないのか

なんか申し訳ないなぁ~

UQモバイル利用で 月100円引き ★★★

UQモバイル利用で 月100円引き

UQモバイルをenひかり経由で契約すると毎月100円割り引く「勝手に割り」

たったの100円ですが、下がりようのないところから更に100円引いているのは、かなりのガンバリを感じます。しかも、これ「enひかり」が勝手に引いてるんでしょうね、名前からして ^^

この仕組みが可能ならば、ぜひ「mineo」「IIJmio」「BIGLOBEモバイル」あたりでも100円引きを展開してほしいですね~

モバイルWiFiレンタル 4泊5日1850円~ ★★

モバイルWiFiレンタル 4泊5日1850円~

モバイルWiFiレンタルは、ちょっとPRのしかたが良くないのですが、本質的なサービスは悪くないです。

矢印 下向き

3泊4日無料 では無く

1泊2日1,850円~の料金で「4泊5日使える」enひかりユーザー限定のサービス!

4泊5日1,850円~は、WiFiレンタル業界のなかでも最安級です。しかも「enひかり」を契約していれば何度でも利用できます。

auのLTEが使えるので 電波的にも利用価値が高く、急な出張や旅行などが多いヒトにとっては、願ったり叶ったりのサービスになることも。

enひかりの悪い口コミ・良い口コミまとめ

enひかりは2017年9月スタートの新しい光コラボ。口コミの絶対数が多くないものの、総じて悪い評判が少な印象です。

enひかりの悪い口コミ

やはり「V6プラス」オプションを付けないと10Mbps下回ってます。

最初の工事費は抵抗あるんですよね、何気に

enひかりの良い口コミ

実測速度で50Mbps出ていれば全く問題なし。「V6プラス」ですね。

工事費7,600円のケースは初期費用として妥協できるラインでしょう。満足度高そ

「無派遣工事やフレッツ光からの転用」など初期工事が~2,000円のケースは、最低利用期間なしも保証されてて最高オトな流れ。

enひかり

割引されるオトクな申し込み方法は?

enひかりは 公式サイトから申し込みできます。2019年1月時点では、代理店や量販から申し込み方法は確認できませんでした。

キャッシュバックなどのキャンペーン、オトクな申し込み方法もなさそうですね。

2019年1月時点

登録方法 キャンペーン 評価
公式サイト 申し込みフォーム なし
代理店 -- --
量販店 -- --
その他 -- --

enひかりの解約は簡単!

enひかりの解約

5月末に解約する場合には、5月20日までカスタマーセンターへ電話すればOK!
  1. カスタマーセンター 03-5534-9997 (10時~20時)電話
  2. 後日届く NTT「返却キット」機器一式返送

なお、光回線の引き込み線をそのまま残す「残置」が可能です。アパート・マンションであっても撤去不要あれば、放置することも (大家に確認)

enひかりに確認したところ、撤去作業を依頼する場合には 8,000円だそうです。

enひかりの会社情報

社名 株式会社 緑人
設立 平成19年10月1日
従業員 15人
社長 社長 横山 満
本社住所 東京都板橋区成増2-17-10 タカスビル6階
TEL 03-5534-9997
FAX 03-5534-9998
本社住所 東京都板橋区成増2-17-10 タカスビル6階
事業案内 インターネット利用者の斡旋業務
固定電話利用者の斡旋業務
多チャンネル放送、視聴者の斡旋業務
携帯電話・パソコン等OA通信機器の販売

enひかりと「スマホ 4G/LTE」あわせて使うなら? 賢い組み合わせ3つ!

enひかりと「スマホ 4G/LTE」を組み合わせるときに、オススメできる携帯電話プラピックアップ! 基本的にコスパ重視です。

かなり詳しく分析したので、別ページに書きました↓

さらに! 「WiMAX・ポケットWiFi」あわせて使うなら? オススメ3つ

さらに、外出先のモバイルデータ通信充実させたいときには?

矢印 下向き

オススメの「WiMAX・ポケットWiFi」ピックアップしてみましょう!

かなり詳しく分析したので、別ページに書きました↓

3キャリアとの比較で歴然! ①格安スマホ + ②enひかり + ③WiMAX2+は圧倒的に高コスパ

最後に、これまで紹介してきた ①格安スマホ ②enひかり ③WiMAX2+の 3つのセット利用が、どれだけ3キャリアと比べてオトクか比較表にまとめてみました。

「24時間トータルのコスパ比較表」はコチラ

あわせて 読まれてます!

enひかりとセットで使うなら この3つ

2019年1月30日 追記:

工事費半額 キャンペーン先着900名! (3/31まで)

工事費半額 キャンペーン先着900名! (3/31まで)

さらに、

無線LANルーター プレゼント先着1,000名! (3/31まで)

無線LANルーター プレゼント先着1,000名! (3/31まで)

enひかり最低利用期間 なし!

「enひかり」で ガッカリしないための7項目

源アイコン

またね~

-enひかり
-, , ,

スマホ・ネット料金節約の基本形

【一人暮らし 必読】 今どきの 電話料金 (スマホ) + インターネット料金 (自宅 含む) は意外と安い! おすすめ節約プランは「月額5千円~」

一人暮らし↑は 月額5千円~

※在宅率 低い【二人暮らし 必読】 今どきの 電話料金 (スマホ) + インターネット料金 (自宅 含む) は意外と安い! おすすめ節約プランは「月額8千円~」

二人暮らし↑は 月額8千円~

【三人暮らし 必読】 今どきの 電話料金 (スマホ) + インターネット料金 (自宅 含む) は意外と安い! おすすめ節約プランは「月額1万円~」

三人暮らし↑は 月額1万円~

Copyright© 朝昼夜ネット , 2019 AllRights Reserved.